2011年02月03日

Palermo

強かったなぁ・・・
PastoreとMiccoliこコンビネーションすごすぎ。

2010年12月17日

腰抜けクリスマスにビキニとBBQ

気付いてみたらすっかりクリスマスですねぇ。
ほんっと時の経つのは早いもんす。
そんなこんなで、夏ぶり?の天才腰抜けサーファーズサポート。のお知らせ。

藤沢にて、つーかもう明後日ですが、
なんとツーマン、それもトリ!という情報が。

いいんでしょうか。僕たち腰抜けなのに。
いや、い〜んです!
とびっきりに腰が抜けた演奏で、とびっきりに腰が抜ける、
そんなクリスマスを演出していこうと。そういう感じでございます。

ちなみに、個人的聴き所は新曲「ビキニとBBQ」。
俄然、聴きたくなりません(笑)?

一応、学生さんは個人的学割制度継続中。
来られそうな方はメールくださいな。

---
元気が出るライブVol.2
date: 19/Dec./2010
place: Fujisawa CLUB TOP'S
address: 神奈川県藤沢市南藤沢20−23 アシビシティビル 3F
tel: 0466−24−0666
Feat.: BOLT/天才腰抜けサーファーズ
open: 18:30 start:19:00
adv.:¥2,500 door:¥2,500(includes 1 dr.)

2010年08月14日

夏の腰抜けパーティ

音楽は休業中。とかいいながら、突然ライブのお知らせ。
ふたたび天才腰抜けサーファーズへ参戦です。

いい感じに天才で腰抜けな活動を続けてるバンドなわけですが、
なんと今度は唐突にワンマンの。主催イベントでございます。
まぁそうは言っても僕たち腰抜けなので。
ほわっと夏の思い出を語り合うような。
そんなパーティ感覚の気楽なイベントにしたいな。
なんて感じです。

藤沢なのでちょっと遠い方も多いかもしれませんが、
夏を惜しんで海に遊びにいきつつ?帰りにでも良かったら是非。

来られる方は僕まで。メール等でご一報くださいませ。ここのコメントもOKっす。
学生さんは個人的学割制度を継続中。なので、是非。是非。


******************************************
『夏の腰抜けパーティー』
date: 2010/8/28(Sat.)
place:藤沢Live Bar Long Tone Cafe
(↑なんかWebみられないぞ・・・^^;)
Address: 藤沢市南藤沢7-10英邦第一ビル4F
Tel: 0466-24-4963
open: 18:30 start: 19:00
ticket: \1,500(includes 1d)
feat.: 天才腰抜けサーファーズ

******************************************

2010年08月04日

Klipsch Image S4

極めていつもどおり更新をサボっています(苦笑)が、
ふと思い出して久しぶりにイヤホンレビュー。
っつってもこれ結構有名な子です。

marantzを愛して止まないのは今も変わらないのですが、
どうも綺麗な音を聴く時?特別な時?
しか使わないようなピュアでプラトニック的な関係(笑)になっており。
するとどうしても、うるさい音をガッツリ聴かせてくれる、
よりlow寄りの下品、かつ、rockなイヤホンが必要になるわけです。

そんなこんなで、実は最近のメインはこの有名なKlipsch Image S4。
lowの表現能力はこれまで紹介したイヤホンの中でも絶品かも。
Koss the Plugはすげぇlowが出るけど、low全体をブーストしてる感じ。
でもこいつはmid low〜lowあたりの芯を自然に強調している感じがあって、
ベース周りの音とキックの迫力が出るんだけど、
原音を歪めず綺麗に迫力を出してる感じがある。
また、mid〜highにかけても抜けがいいので、
トータルで見て非常にロックに合う低音イヤホンだと思います。
hip hop、soulとかにも良さそう。

ちなみに、普通に使うと僕の耳には小さすぎて、今一フィットしなかったため、
shureみたいに上下を逆にして、耳の奥にずずっと差し込み、
耳の上からケーブルを逃がす使い方をしてます。
すると完全に耳栓状態になるんだな。
歩きながら使ってると危ないくらい。。。

ま、結局、値段的にはmarantzとあんまり変わらないんだけど、
より太めの音が欲しい人はこっちがいいかもな〜。と。
より肉感的でマッチョな音がするため、
プラトニック感はまったくない(笑)。
そこがいいんだな〜。

2010年07月05日

生きてます。ええ、生きてますとも。

すっかり放置気味。ていうか、気味の使い方間違えてますね(汗)。
ともあれ、この春の多忙さは尋常ではなく。
なんだか梅雨の時期にすでに夏バテ気味な体調です。
あ、また気味の使い方・・・

ともあれ、ライブのお知らせです。
夏バテを吹き飛ばす、
天才腰抜けサーファーズサポートです。
っつっても今週の土曜なんですが・・・(ギリギリでごめん)
よかったらぜひお越しくださいませ。
前もって連絡くれたら前売り取り分け気味ります!
よろしく〜。

-----
XYZ!?-ザ・トロフィーズ Release Party-
date: 2010/7/10(Sat.)
open: 18:30 start: 19:00
place: Yokohama BBStreet
〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町3-33 セルテ12F
TEL:045-681-8202
feat.: シャラ / 天才腰抜けサーファーズ / ザ・トロフィーズ

2010年02月04日

突然ですがライブのお知らせ。

音楽は長期的に休養中なのですが、
突如大学時代の友人のバンド天才腰抜けサーファーズに電撃サポート参戦!が決まりました。
来週金曜の夜。それも愛して止まないBB Street。です。
ここのところやってきた音とはまたひと味違って。
マイルドな僕が出せれば(笑)。と思っております。
ご都合よろしければ是非。遊びにきてください。
好評の学割も個人的に継続中。です。
学生の方もそうじゃない人も、
来られそうでしたら僕までここのコメントでも。
mixiでも。メールでも。連絡くださいませ。

---
me vs. myself presents
第一回下野鈴木岡崎小林のおばあちゃん恐竜

meVSmyself
ATLANTA
ザ貧困ズ
シンナーズ
天才腰抜けサーファーズ
THE JIMMY

バイニャンズ(=猫O.A.)

★入場者におにぎり&雑誌『月刊VSmyself』プレゼント(数量限定)
open/18:00 start/18:00 adv/1000yen+1D door/1000yen+1D
2010/2/12(Fri.)@Yokohama BB Street
---

2010年01月29日

marantz HP101

以上3本の個人的お薦めイヤホンを列記してきましたが、
2010年に出会った究極的なヤツがこれ。

今までの中で一番お高いですが、
音像空間が広く、一つ一つの音がはっきり分離してきこえる。
多分、近くても周波数の違う波をきっちり分離・再生できる特性があるような。
だから、ジャズやフュージョンなど、
ダイナミクスと音の分離が大事な音源にすげぇ良いです。
個人的に、これでAstor Piazzollaを聴いて泣きました。臨場感が超良い。
にも関わらず、lowはかなりがっつりキてるんですわ。
削りだしのアルミボディもイケてますが、
音もかなり素敵。

ちなみに、値崩れを防ぐため(?)量販店には流していないそう。
上のアマゾンの代理店や、Apple Storeで買えるそうです。
後者で見たことのある人も多いかも。
一万円以下のイヤホンで、ここまでのものは他にないんじゃないかな・・・多分。
ただ、そうは言ってもまぁまぁ高い買い物ではあるので、
興味がある方は試聴した方がよいかも。
AppleStoreで試聴できる!という情報もありますが、やや古い情報なので今あるか不明。
これらのお店にあるらしいので、
お近くに用事がある際は試してみると楽しいかもしれません。

#別に宣伝する義理もないですが(笑)。

...ということで、価格帯もややバラバラ、
性能や特徴も結構色々ありますが、
基本低音だけで白米が食べられる貴女に向けたイヤホンメモでした。
どれが一番グッときますかねぇ?

2010年01月28日

Micro Solution EMP4

ちょっとあいちゃいましたが続き。

で、2009年の当たりイヤフォンがこれ。
今までの2本よりはちょい高いですが、
それぞれのいいところを凝縮させた感じがある。
まず、lowはがっつり。
Kossほど暴力的ではないけど、必要十分に低音はキてます。

で、かなり耳の中でがっつり鳴る構造なので、
かなり空間的に近いかんじがあります。
ベーシストにはたまらないのでは・・・とも。

ただし、ロックよりのギラギラした感じもあるので、
ジャズとかクラシックにはあわないかも。
低音を愛してやまないロックな貴女にお薦めしたい一本ですね。

ちなみに、これの大イヤピースがかなり僕の耳にピッタリで、
この辺も個人的に評価が高い。
↑でもこれはかなり個人差があるので、評価にいれずらい点でも。ありますが。

2010年01月17日

Philips SHE9700

Koss the Plug改は長く僕のメインイヤフォンだったのですが、
ゼミ生K君から「すごいの見つけました!」と2年くらい前?
に推薦されて使い始めたのがこれ。

2000〜3000円くらいのイヤフォンにはまずない音の分離、lowの圧、
中域からhighの抜けと、ま〜確かによくできてる。
壊れやすいこと、音漏れが結構多い、
個人的にはu字ケーブルキライ。というあたりが難だけど、
その後バカみたいに売れてるのもわかる。
これこそ口コミのすごさ。だって特に宣伝とかしてないもんね。
近所の量販店も籠に入れてすげぇ大量に売ってらっしゃる。
ちなみに現在もおやすみイヤホン的に使用しています。^^

...と、ここまでが前ふり。
以降やや珍しいイヤホンレビューに続く。

2010年01月16日

Koss the Plug

音楽活動は変わらず休止中。
でも近いうちちょっとお知らせがあるかも。
だからというわけではなく(笑)、
備忘録的な意味合いで、イヤホンレビューを数本。

というのも、4,5年前から電車通勤に切り替えた関係で、
イヤホンをやたら使うライフスタイルにかわりました。
そうなると、逆に映画からニュースからサッカーから、
なんでもかんでもどんどんiPodに流し込んで見るライフスタイルになり。
ますますイヤホンの消費が激しいような。そんな感じなのです。

で、色んなイヤホンを渡り歩いたのですが、
大前提となるのがlowがガツンと出る。という点。
もう低音を中心に音を聴く主観になっちゃってるんでしょうね。
まぁそういうマニアも世の中には多かろう。と思いつつ。

もう一つの前提が、安さ。
どうしても、消費財としてみると、数万円するイヤホンは、
ミュージシャン的にはアリだけど、日用品としては微妙。
そんなレビューを数本書きたいと思います。

そういうライフスタイルに変わったきっかけになったのが、
標題のあまりにも有名なKoss the Plug。
バカみたいに低音がなる上、とってもお安い。
個性の塊というか。アメリカ万歳!みたいなイヤホン。

ともかく低音がガツンと出る。
中域もいい感じに迫力がある。
広域につまりがある感じはあるけど、
その辺は改造法なんかがネットにごろごろしていたり。
サードパーティが改造パーツを販売してたり。
まぁ色々オモシロです。

でも最新のを買うと、色々仕様変更が生じてて、
改造しずらくなってました。
また、スポンジをねじ込む形態なので、
耳の大きい人向け(恐らく男性向け)かも。
改変版?のSpark Plugつーのもあるけど、これはlowが軽くなってる上、
バランスもあんまり好みじゃなかったす。

ともかく、これの音圧に慣れてしまうと、
他のイヤホンの魅力が薄くなる・・・
みたいな感じで、結構長いことメインを張ってました。

Contact

    My status

Comments

Trackbacks

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.37