« 2008年09月 | メイン | 2009年01月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月22日

「新譜ですよね(笑) ?」

一昨日、仕事の帰りふと思いついて、近所のdisc unionに寄り、
まったく面識のない30才前後くらいの店員さんに、
「○○のアルバムって今日じゃなかったでしたっけ?」
と聞いたところ、
「(あれっ、そんな噂聞いたけど、それどうなってるんだっけ...)」
というニュアンスで、今話題の都市伝説というか。妖怪というか。
そういうふざけた質問をされたときのような。
何とも複雑な笑いを浮かべながら、
でも嬉しそうに帰ってきたコトバが標題のもの。

そう、Guns N' Rosesの新作、Chinese Democracy であります。
世界発売が11/23、日本は世界先行で今日発売!!!

そもそも、前作Use Your Illusion I & IIが出たのが1991年。
で、次作に向けた製作が始まってると報道されたのが1994年頃。
以降、「もう発売!」と言われながら延期に延期を重ね、
ついに発売されるそうな。
前作に熱くなった高校生の僕は、気付いてみるともう結構いい年、
普通に働き盛りでバリバリ仕事してたり。でも相変わらず音楽してたり。
そんな時の流れをセンチメンタルに感じたりもしますが(笑)、
一体全体、一枚のアルバムにどれだけ時間をかけてるんだか・・・
だって、当時"Chinese Democracy"っつーネーミングはどうなのよ?と言ってたのに、
以降頻発した民族紛争や、北京オリンピックとチベットの問題など、
気付いてみたら妙にタイムリーでストレートな政治的タイトルになってたり。
時間の経過ってなんかすごい(笑)。

で、このアルバムが桁違いなのは時間だけではありません。
製作費約14億円(!)、14曲入りなので、単純計算で、
一曲1億円の製作費が投入されたとか。
これだけとっても、過去発売されたロックのアルバムで、
こんな話はまず聞いたことがありません(笑)。
ぶっちゃけ、メンバーやプロデューサを雇っては解雇を繰り返してきた(苦笑)ため、
直接製作に関わった人間も40〜50名を超える?と言われ、
プロデューサだけでも入れ替わり立ち替わり5,6人は関係しています。
そういえば、2000年前後にプロデュースを請け負っていたmobyが、
「もう人間が関わりすぎたので、(権利関係が複雑すぎて)ぶっちゃけもうリリースされないと思うよ」
とか言ってたのも。気になってました。

で、あんまりにも発売されないので、
「もし2008年中に出たら、買った人にDr. Pepperあげるわ。」
と米Dr. Pepper社が言い出し、
結果今回のアルバムにはDr. Pepper引換券(北米のみ、ただし、SlashとBuketheadは除く...笑)
がついてくるそうな。
もう無茶苦茶です(笑)。

ちなみに、このあたりの詳しい話はwikipediaにページが用意されていまので、
興味ある方は是非。

History of Chinese Democracy

↑このタイトルが既に笑える

PrimusやPraxisに萌える僕としては、
俄然BucketheadとBrian "Brain" Mantiaの音がどのくらい入っているのか?
が気になってます。
で早速試聴してみると、
明らかに"あの"ワーミー・ワークが入ってるじゃないですか !!!
Axlの後ろで弾き倒すBuckethead凄すぎ(笑)。

とまぁ色々書いていますが、何を言いたいのかというと、
「もうかっこいいとか、かっこ悪いとか、
ぐちゃぐちゃ言わず、とりあえず聞くべし!」
これはもう祭です。いや、むしろ蝕です(笑)。
ギターの音だけでもすごいかも。
とりあえずまだ聞いてない人は急いでMyspaceへgo!
そしてとりあえずお近くのCD店へgo!

Guns N' Roses@myspace


おまけ: 4,5年前くらいのRock in RioでのBucketheadの勇姿


contents

Contact

    My status

About 2008年11月

2008年11月にブログ「naoki@home」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年09月です。

次のアーカイブは2009年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.37